ホテルのような空間を

 

この2日間、会社の研修でビジネスホテルに泊まっていたのですが、そこで思ったことを一つ。

 

ホテルってとても暮らしやすい!!

 

必要最低限のものしかなくて、整理整頓されていて、部屋は隅々まで清潔で・・

この空間を持ち帰りたいと思いました。

 

空間をコピーして、部屋に持ち帰ってペーストしたいと思いました。

 

私が目指す部屋は「生活感のない部屋」なのですがまさにそれを体現(体現?表現?具現?)しているのがホテルだなあと思いました。

 

 

そして、そんなホテルのようにものが少ない部屋で過ごすことのメリットをちょっと書いていきたいと思います。

 

①頭がスッキリする

まず感じたのはこれでした

まあ掃除洗濯炊事しなくても良いしやることが少ないからっていうのもあるとは思いますが、しかしモノが少ないことによって目移りしないので、頭がスッキリする効果もあったのではないかと。

 

 

って書いたけど特に思いつきませんでした。

 

①で述べた効果が大きかったからたくさんあるように感じてしまったのかな。

 

いいなあホテル暮らし。

 

ホテルみたいな部屋を自分の部屋にも作り出したいなと思った2日間でした。

 

 

 

 

 

あ、研修はめちゃくちゃにつまらなかったです。

 

火事場の馬鹿力

ってありますよね。

 

窮鼠猫を嚙む、とかあと他にも類語?があったきがするけど思い出せない。

 

この力が継続して出せるようになりたいなあ

というかもっとサバイバル能力を高めたいなあ

 

サバイバル能力って別に無人島で魚獲って火おこしして焼いて食う

みたいな能力ではなく、

 

追い詰められた時の危機感を常日頃から持っていたいなあと思いました。

 

危機感って言葉がなんかこう固いですよね。ずんってかんじ。

だから大仰な感じがするのかな

サバイバル能力、ギリギリで生きていたい、REAL FACE的な、KAT-TUN的感情

 

 

今まで追い詰められて力を経験といえば

・小学校の時の夏休みの宿題 百人一首 全て一日で覚えきりました

・卒論 3日で書き上げました(ものすごく恥ずかしい)

パッと思いつく限り、この程度なのであまり追い詰められたことがあまりないのかも。

 

何に対してこの危機感というものを持っていたいのかというと

「お金」です。

 

この危機感を持ちたい 

というところから派生して将来はノルウェーで学びノルウェーに住みたいのですが(他にもたくさん理由はある)、そのためにお金を貯めたいのです。ノルウェーに行きたいのは本当なのである程度危機感を持たなくても貯まるとは思うのですが、もっとキリッキリのカッツカツにしたいんです。

 

無駄遣いを考える余裕すらもなくなりたい・・・!

 

(これ書いててめちゃくちゃ青いな自分。と思いました。)

(ハチクロ読んでる時のような気恥ずかしさがほとばしりました。)

(ほとばしる って迸る って書くんですって。お初にお目にかかりますだった。)

 

 

ということで頭をひねりに捻った結果、

 

①まずは何にお金をかけてるのか知ること

②銀行口座を分けて、貯蓄用のキャッシュカードは持ち歩かないこと

③クレジットカードも持ち歩かないこと

 

この三つをやってみようと思います。

 

①まずは知らないとね、自分が今何にお金を使っているのか。。

そうしないと何をいくら分削るか算段がつかない気がするので。

 

②③そうして算段をつけたとしても自分にゲロ甘な私はどうせ引き出して使ってしまうのでしょう。そうならないために。もういっそのこと誰かに預けようかしら。そうしたら絶対引き出せないもんね。

 

会社の積立貯蓄制度という給料から自動的にあらかじめ決めた貯蓄額を天引きしてくれる制度も考えたのですが、手続きがめんどくさそうなのと、いざ本当にお金が必要になった時簡単におろせなさそうなのでやめました。

 

「お金」もそうだけど、「勉強」に対してももっと危機感なり覚悟が欲しいなと思いました。

 

やらなきゃ(物理的に?)死ぬ

やらなきゃ(世間的に)死ぬ

 

この2つじゃないとやらない気がする。

 

ついyoutubeでバラエティ動画見ちゃうからね。

 

勉強についてはまた後日書こうと思います。

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

1日1食を試してみたら

 

結果、血圧が超下がりました。

 

 

以前は上128の下96だったのですが

 

上92下58まで下がりました。死ぬ。

 

 

勤務中にふらふら貧血の症状がでることも多くなりました(元々貧血もちではあったのですが)

 

一概に1日1食にしたせいとは言い切れませんが、ライフスタイルの中で変えたのが食事面だけなので、恐らくそうじゃないかなと思っています。

 

いろんな方のお話聞いたりブログ見たりしても

 

・体が軽くなった

・時間とお金がういた

 

など良い面をよく見かけていたので、

こんな結果になるとは

 

要因としては恐らく

仕事の内容が割と体力を要する仕事なので、1日1食ではカロリーが足りていなかった

ということが挙げられると思います。推測ですが。

 

だがしかし

 

もちろん良い面もありました。

 

まず、食事のメニューに悩まなくていい。

 

これ、一人暮らしあるあるな気がしているのですが、一人暮らしって始めた頃は、意気揚々として料理とか張り切るんですけど、2ヶ月くらいたってくると億劫になってくるんですよね。料理を作ることが。

お皿洗いもやだし。

 

その点、1日1食はラクでした。1食しかメニュー考えなくて済むんですから。

 

そう、この1日1食実験をやっていて思ったのですが

デフォルトがあるってなんてラクなんだろうと思いました。

 

決断するのには時間とエネルギーがいる。

というのをメンタリストのDaigoさんの本で読んだ気がしますが、本当にその通りですね。

「決断」を断捨離することで毎日とても快適でした。

いつもバラバラって疲れるんだなあと感じましたよ

 

時間の節約にもなりますよね。はっぴー

 

これからはもっと日常生活で決断?というか取捨選択ですね、選択していることを減らしていこうと思いました。

 

具体的になんだろう。

 

洋服はもうすでにパターン化しているので、休日の過ごし方とかかな。

 

次は、節約になる。

これは文字どおりですね。食費減ります。

1ヶ月間、1日1食を行いましたが、食費が15,000円から約7,500円と、半分くらいに減りました。

 

最後は、集中力が増す。

以前の記事にも似たようなことを書いた気がしますが、お腹減ってると集中力高まります。集中している時って脳がグーってなるじゃないですか。あの「グーっ」がより密度の高いものというか、より「グーっ」ってなっているのが分かります。

 

ただ私の仕事は前述した通り体力勝負な部分が大きいのであまり相性が良くなかったですね。

 

 

というわけで1日1食は私は失敗に終わりました。

 

あ、ただ夜は少なめ、というのは翌朝お腹の調子がよかったのでこれからも続けていこうと思います。

 

 

これからは適度に食べてまず、低血圧を改善したいと思います。笑

 

 

 

5時の鐘恐怖症

って、焦る。

 

ちょうど今5時の鐘がなったのですが、これ小さい頃は、もう暗くなるから帰りなさい〜の意味で、あーもう遊びおわりかーじゃあまた明日ねー!くらいの気持ちだったのですが、大人になってこの鐘の音聞くと焦るようになってしまいました。特に休日!!

 

この鐘の音を聞くと

 

もう5時だけどお前今日何やったの

何かこれやった!て言えるものあるの

明日から仕事だよ

もう夕方だよ

 

と言われているようにしか思えない〜〜〜

 

日経WOMANとかに載ってそうな、充実したと言える休日を過ごしてない日は責められているようにしか感じませんこの音。

 

充実したと言える休日の方が自分自身も好きですけどね。

ずっと携帯いじったりとかそういう一日よりも。

 

しかし私の「充実」のハードルはとても低く、6時に起きて掃除して洗濯物干して本一冊でも読めば、はい!もう今日なかなか充実した〜!私えらい〜!となります。単純万歳。

 

でも本当はもっと自分追い込みたいです。サバイバルしたいです。

その方が億が一、無人島とか行った時とかにも役に立ちそう。

無人島で役立つ女・・!つよい・・!!

 

とりあえず今月は生活費半分で過ごしてみたいと思います。

「生活費半分」四角大輔さんの何かの本に載っていた気がする。

その話は一ヶ月無事生活費半分で達成できたら、おいおい書くとして。

(生活費半分になったのも半分はカード使いすぎによる自業自得)

 

 

 

何なのでしょうこの強迫観念。

5時の鐘恐怖症。

 

 

 

トイレ我慢してる時最強

 

と、思いませんか?

 

私、小さい頃から

お家帰ったらまずトイレという謎の習慣があって今もその習慣が続いています。

帰り道、職場出た時や電車降りた時は全然トイレに対して何にも思ってなかったのに、家が見えてくるとモウレツにトイレに行きたくなる。恋い焦がれる。パブロフの犬

 

中学生くらいまでは何も考えずに、家帰ってからそのまま欲望のままトイレに行ってたのですが、高校生くらいから、トイレに行く前に、自分にタスクを課すようになりました。(タスクって気持ち悪いね。なんかゲームとかで使われてる言葉で似た言葉があった気がするのに出てこない。)

 

最初は、簡単なもので

制服から部屋着に着替える。

 

それができたら

 

制服から着替えてお茶を注いで飲む。

 

それができたら

 

制服から着替えてお茶を注いで飲んでまた注いでそのコップを自室まで持っていく。

 

というふうにだんだんレベルアップしていきました。

 

この習慣は大学生になっても変わらず、特にアルバイト先で似たようなことやってました。大学生時代のほとんどを珈琲屋さんでバイトしてたのですが、まかないでコーヒーがもらえたのです。コーヒーと言わずカフェインの入ってるドリンクなんでも飲み放題だったのです。(最高)しかも美味しい。たくさん飲んでしまってよくトイレ行きたさに駆られてました。

 

そんな時も挑戦は続けていて、

 

トイレ行きたい・・!!けどこの布巾漂白剤につけてから!!とか

トイレ行きたい・・!!けどこの布巾漂白剤につけてその間にお客さんのドリンク一杯作ってから!!とか

トイレ行きたい・・!!けどこの布巾漂白剤につけてドリンク一杯作って布巾干してから!!とかやってました。

 

 

そしてまあ社会人になった今も続いているのですが、

これすごく集中力とスピードが上がる気がします。

 

トイレに行きたいという欲望を満たすためにあらゆることを普段の3倍のスピードでこなしている気がします。

 

お腹減ってる時もすごい集中力湧き出ますよね。あれと似たようなものがあるのかな。

あれは自分が危機的状況に追いやられていることで普段以上にパワーを発揮するとか聞いたことがあります。(パワーなんて言葉で片付けちゃったけど。なんかそんな感じだった・・!)

 

 

何が言いたいかというと人間追い詰められるとすごいですね、と。トイレに恋い焦がれてる時の自分てすごいですね、と。トイレってすごいですね、と。

 

普段から全っっ然ストイックではなくて、自分に対してゲロ甘ちゃんな私なんですけれども、トイレ行く前だけは追い詰めることができる。

 

トイレすごい。

 

 

 

 

膀胱炎にだけはならないようにしよう。

 

 

愛してやまないもの100リスト

前回の記事で自分のことを知るのは大切だと言いました。

が、

じゃあ実際自分が好きなものってなんだろうと思いましてとりあえず100コ書き出してみました。

 

f:id:coco6226:20170711091107j:imagef:id:coco6226:20170711091703j:imagef:id:coco6226:20170711091659j:image

 

改めて見ると似通っているものもあればそうでないものもあるなあ

 

とりあえずこの100個に囲まれていれば私は安心するのか。

 

あとは

・柴犬

・デブ猫

・京都の町屋

・線香の匂い

なんかもすごく好きです。

 

100個も愛してる!ダイスキ!なものなんてないよお

と思っていたら100個以上ありましたね。

良き良き〜

 

20代のうちに転職も考えているのでこういうのとても参考になりそう。

 

改めて知ると自分の居場所というか、原点?というか、何があれば自分の心を保っていられるのかが知れてとても良いです。

 

自分のストレス解消法100も今度書いてみよう

 

コーピングリストというのだっけ?こういうの。

 

就活の時にやっていた自己分析と少し似ている。

 

自己分析の本、買ったけどろくにやらなかったなあ

 

 

自分に似合う服を着るということ

 

私はどっちかっていうと小柄なタイプです。身長153cmで肩幅も狭く、そしてなで肩です。

 

しかし割と洋梨体型。笑

 

つまり下半身が広がっているというかお尻や太ももが上半身にくらべてどっしりしているんですね。

 

この体型を改善しようと、(憧れはお尻が小さく、ふくらはぎが細い人)色々試みましたが、続かず。

 

そしてこの体型に合う服を認識していなかったので外国スタイルに憧れて細身のスキニーを履いていました。(長谷川潤さんのような)

 

しかし今日ようやく自分に似合う服を理解しました。

 

前回書いた雑巾がけを始めてから思考がよりいっそうミニマリスト寄りになってきていて、私服についても制服化したいな〜と思いはじめ。

 

制服化するのだから自分にとびっきり似合ったお気に入りを身につけたい!と思考錯誤した結果、私には

 

トップスがタイトなもの

ボトムスはボリューミーかつハイウェストかつ足首まであるもの

 

だと分かりました。

 

体型考えたらすぐ分かりそうなものですが、ほんとに着てみるまで分からないものですね。

 

今流行り?の骨格診断とかやってたらもっと早く分かったのかな。

 

似合う服も分かったところで私が買ったのはコットン100パーセントの刺繍が可愛いタンクトップを白とネイビー2色買い。

 

そして足首まであるハイウェストのワイドパンツ。

足首まであってかつハイウェストだと足が長くみえる。

 

物を少なくしようと試みた結果、また新たに自分のことを知れました。

 

じぶんのことを知るって大切ですね。