パセリ備忘録

朝 ごはんぐるり

お題「起きて最初にすること」

 

 

朝起きて最初にすることは、お湯を沸かすことです。

 

朝はココアかほうじ茶ラテか梅昆布茶を飲むのでその為のお湯を沸かします。

 

そして沸かしてる間に顔を洗ってコンタクトをつけてスキンケアをします。

宇津木式スキンケアを試みていた時はスキンケアはしてなかったのですが、

結局失敗に終わりました。

 

最初は良かったのですが、1週間くらいで、乾燥のせいなのか小さいニキビがたくさんできるようになってしまい。。

そこを我慢して越えればもしかしたらうまくいっていたのかもしれませんが、断念して今に至ります。

 

合わない人と合う人がいるみたいですね。

 

スキンケアは無印敏感肌用か、キュレル。

 

そしてお腹が空いていればまたご飯の用意をして、空いてなければお化粧します。

 

時間があればここで本を読んだり、つけ忘れた日記を書いたりします。

 

この前、読んだ本は西加奈子さんのごはんぐるり、と、円卓 という本

 

ごはんぐるり、ですごく印象的だったのが「正解」すぎる、という話。

 

例えば、男の人とごはん食べに行くという状況でその男の方が選んだお店が良い感じの雰囲気のお店で、良い感じに店主とも仲が良くて、良い感じのメニューチョイス。。

全てが「正解」なことにすごく違和感を感じる、むしろその人のちょっと変態な部分だったりいびつな部分を愛したい、とあってすごく共感しました。

 

私も、特に大学生時代からがそうで、(私の大学に変な人たちがいっぱいいたからだと思いますが笑)ちょっといびつだったり、変わってることってすごく面白いんだなあと思い始めました。

 

その人の変態性が見える方が良いですよね

珈琲屋さんでバイトしてた時、常連のすごく顔立ちの整ったおじさまがいて、

いつも決まって頼むのはワッフルとコーヒー。

そこまでは普通なんですけど絶対この人変態だろうなっていう

雰囲気を醸し出しているんです。

 

芸能人でいうならば谷原章介さんや福山雅治さん的な。(ファンの方すみません)

すごくイケメンだけどどっか変態が漏れている人。

 

そんな人が好きです。

 

 

朝の話から変態性のお話まで飛んでしまいましたが今日はこの辺で。

 

円卓についてはまた後日。

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

直感や本能のはなし

今週のお題「冬の体調管理」

今日は、お題に沿って書いていこうと思います。

しかし一昨日から大流行中のインフルエンザにかかってしまいました。(A型)

なんとまあ自分がかかるとは。
多くのインフルエンザ感染者がこう思うのでしょうが私も御多分に洩れず同じこと思いました。

だって何故ならばR-1を飲んでいたから!!!

めちゃくちゃ絶大な信頼を置いていたR-1。。
明治さんの公式HPでもラットと人体で行った実験結果が発表されているし
去年はそれでインフルエンザも多分ろくに?風邪もひかなかったし。。。


でもそのおかげなのか、熱は1日で下がりました。はっぴーやっぴー

一昨日38.4→昨日37.4→今日36.4

なんとまあ丈夫な体。親に感謝。鼻水と咳がえげつないけど。
熱があると頭痛くなるし、頭痛いと携帯とかPCの画面見るのすらやだし、
本当にさっさと熱を撃退☆退治できて良かった。ありがとうR-1。ありがとう明治。

熱出しているうちは何するのもだるくて、じゃあ何をしていたかという話なんですけど
ずっと本読んだり考え事したり本読んで考えたりしていました。
(熱下がってきてからはYouTubeで inliving.さんという方の動画見てた。すごく可愛い。これもまた後で書きたい。無印行きたい。)



で、何読んでたかというと

吉本ばななさんの 「違うこと」をしないこと

という本を読んでました。

(商品のリンクの貼り方がわからない)



スピリチュアル的な内容の部分も多くて、??と思ったところも少なくなかったのだけど
全体的に、自分の直感とか本能に従おうねというお話で、(たぶん。少なくともわたしにはそう感じた)
納得感が強い本でした。

直感とか本能大事だよね。外れてることもあるんだけど、当たってることのが多いよね。

よくない場所に行ったからくらっちゃった っていう表現があったんだけど、今回はまさにそれで、
私この間海外旅行に行ってきて、有名な観光地や有名な占いの方に占ってもらってきました。
ただその中でも、有名なお寺に行った時、あれ、なんかここキミワルイナア〜とか
有名な占い師さんに話聞いてもらってる時も、なんかこの人違う気がするなあ〜とかあったんですよね。
で、その旅行から帰ってきてから、あんましうまく寝付けなくて(その国と日本の時差は約1時間なので恐らく時差問題ではない)、
寝不足が1週間くらい続いてて、その間も研修やらなんやら立て込んでいて、で、インフルエンザ発症。

もちろん、その場所に行ったっていうのが全ての原因ではなくて、
仕事が少し忙しくて残業続きだった、とか、寝不足だった、とか要因がたくさんあるのは承知なんだけど、
その上でやっぱり自分の直感ってちょっと当たっているなあというふうに感じました。

なんかここで文章にするとすごく宗教の匂いがするな。笑



そして、本の中では

自分のあり方とか元々やりたいこととかを初期設定と呼んでいました。(プリミ恥部さんとの対談で。)
人間、初期設定がずれると不具合がたくさん起こる、と。

だけど今現在やりたいことが仕事になっている方ってどのくらいいるんだろうか、と思います。
決して多くはないんじゃないかなあ
私もやりたいことと仕事は一致していなくて「生きるため」に仕事している部分が大きいです。


じゃあ、やりたいことは何なのか、と。

吉本ばななさんは、著書の中で
今は、やりたいことがない、と言う人がいる、と。
初期設定が何なのか分からずに大きくなってしまった人が大勢いると言うことでした。
そしてそれに気づくには初期設定を自覚しよう、とも書かれていました。

初期設定ってきっとすごく無意識下の中で行われているんだろうなあ
親の洗脳とかもありそう



インフルで熱が下がったとはいえそんなに外も出られないので自分の初期設定について考えてみようと思いました。



前回記事にした宇津木式スキンケアは結果からいうと失敗に終わったのでそのこともまた、書きたいです。




おしまい

宇津木式スキンケア始めました

タイトル通りです。

 

女性のミニマリストさんたちが多くやっているイメージのある

宇津木式スキンケア方法

 

ざっくりいうと、洗顔後化粧水や乳液などのスキンケアを

 

一切つけないという スキンケア方法

(あまりにも乾燥がきになるなら、少量のワセリンをつけるのも有りみたいです)

 

 

なぜこれを始めようかと思ったかというと

2歳半の甥っ子のプルプルな肌を見てしまったからです

 

31日〜2日まで実家に帰っていて、兄夫婦も揃っていたのですが

そこで見た甥っ子の肌がすべすべだったのですよね。

甥っ子は特にスキンケアをしているわけでもないのに。

 

もちろん、甥っ子と私では住んでいる環境が異なっていますし、

私の方が肌に受けるストレスなどは多いのだろうと思います。

 

ただ、今の仕事は幸い定時で帰ることを良しとしてくれている環境で

そこまで激務というわけではありません。

睡眠時間もたっぷり取れます。

ただ、シフト制なので、夜中中起きてなくてはならなかったり、

20時間くらいぶっ通しで働かなきゃいけない日もあるのですが。

 

ということで31日の夜からやって見ています。

宇津木式スキンケア。

 

もともと私は化粧品はそこまで持っている方ではありませんでした。

ただ、仕事柄、化粧品やスキンケアをいただくことが多いので

それらをたまに使っていた、という感じ。

それも宇津木式をやろうと決めてから、親や兄の奥さんにあげました。

 

スキンケアもいたってシンプルで、キュレルの化粧水と乳液のみ。

夜勤が続き、顔にくすみが出てきたらミノンのマスクを使っていました。

こちらも、やめました。

 

肌質としては鼻とおでこは少し脂性肌っぽい感じ、他は乾燥肌という

混合肌型です。

 

 

3日目の今日の様子だと少し小鼻の皮がむけてきています。

それ以外だとやはり乾燥が気になって気になって。。

つい何かを塗りたくなります。でも我慢できないほどではない。という感じ

 

宇津木式をやろうと決めてからのお化粧はどうしているかというと

本当はすっぴんでいたいのですが、お客様と接することもある仕事なので

そういうわけにもいかず。

・眉毛

・ビューラー

・マスカラ(お湯で落ちる)

・フェイスパウダー

・色付きリップ

を使っています。

これらの化粧をやって思うのは、私の顔だと眉毛を描いて、

ビューラー・マスカラをするだけで

「化粧してます顔」になれるな、ということでした。

 

 

何はともあれ、このスキンケアがうまくいくのであれば

とても楽になれるなあ〜!と期待しています。

 

先ほども書いたのですが、仕事上、20時間続けて働いたり、夜勤で働いたりすることもあるので、そういったシフトの時は、スキンケアセットを持っていって休憩時間中にシャワーを浴びて、いちいちスキンケアをしてお化粧やり直して。。という時間があったのです。

 

スキンケアが一切いらないとなるとその時間がだいぶ短縮されますよね。

お化粧もより一層簡単なものにしたし。

 

 

うまくいってほしいなあ

 

色々な方のブログを拝見していると、うまくいった方と

肌に合わずシンプルケアに戻した、という方を見ます。

 

ただ、この宇津木式スキンケアをやり始めた頃は誰もが多少なりともお肌が荒れるみたいですね。それが落ち着くのにどれぐらいの年月がかかるかは人それぞれのようです。

 

また1週間~10日ほど経ったら、経過をこちらに記録しようと思います。

 

 

おしまい

 

 

 

イライラしたくないという話

 

イライラしてると冷静になれないし

つい攻撃的な言葉を吐いてしまったり

あとから自己嫌悪したり。

 

あまりイライラすることに良いイメージがなくて(当たり前ですが)

イライラせずにいるにはどうしたら良いのだろうと思いながら過ごしていました。

 

そんな中最近読んでいた仏教の言葉が書かれている本に

無我無畏

という言葉を見つけました。

 

我から解放されれば楽になる

という意味だそうです。

 

特に仏教を信仰しているわけではないのですが

この言葉はなんだかいいなと思えました。

 

 

私は普段お仕事で接客もしますし、たくさんの人と一緒に働きます。

 

その中でお客様や働いている人にイラっとしてしまうこともしばしば。

なぜお客様にイラっとしてしまうかというと、自分のものさしで

お客様をはかっているからなんですよね

 

商品は投げずにレジに置くべき

お金はトレーに入れるべき

お金は投げずに置くべき

マイナーな母国語でごり押しするのではなく、片言でもいいから英語を話すべき

仕事は引き継いでから退社すべき

責任者は率先して仕事をすべき

などなど。。

 

自分だったらこれをやらないのに、と思ってることを

相手がやるからイラっとしてしまう。

自分の「当たり前」が破られるからイライラしてしまうんですね。

 

以前、海外の方からその方の母国語で話しかけられ、

私が、その言語はわからないので英語でもよろしいですか?

と訪ねた時、相手の方からは、ありえない、といった表情を

されましたし、実際「no way!」と言われてしまったことがあります。

 

からしたら、海外に行って、自分の母語が通じると思っていることの方が驚きなのですが、その方から見たら海外でその言語が通じないことの方が驚きだったのですよね。

 

人によって「当たり前」って違うなあと感じている日々です。

 

 

確かに自分の物差しを捨ててしまえばとても楽になれそうです。

それに気づくと、私って結構偏った物差ししか持っていないなあと思い始めました。

人付き合いが少ないからかな。

 

特に、上司、など年上の人に対して、「理想」を持ってしまうと

そこから外れている行動をされるとすごく嫌な気持ちになります。

 

これを思うとなんて自分勝手なんだって思いますね笑

 

 

我を忘れる

 

とても難しい。。

 

でもこれを知ったのでなんだかイライラが少なくなりそうです。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

お腹が空いていた方がご飯は美味しい

 

タイトル、当たり前すぎるのですが。

 

以前、一日一食をやったら血圧がめちゃくちゃに下がって以来(上92下56 うろ覚え)

1食は辞めて、2食(昼、夜)から、3食(朝、昼、夜)に増やしていったのですが

 

朝をしっかり食べてしまうとお昼食べる時間になってもお腹が空いてない

→お腹が空いてないので食欲もそこまで無い

→でも昼は食べないと仕事終わりまで持たない

→お腹も減ってないし食欲もそんなに無いけど食べるしかない

→あんまり食事が美味しく感じない

という負のループに陥ってました。

 

ではなぜそもそも2食から3食に増やしていたのかというと

朝ごはんを完全に抜くと、お腹が激烈に減っていたからです。(なんと単純)

 

要は、今まで自分の仕事量(運動量)に対しての適正な食事量が分かっていなかったというお話です。

 

今は朝お腹が減っていれば、少しの焼きりんごor蒸し野菜

(生野菜は体を冷やすと聞いたことがあるので)。

お腹が空いていなければ、1杯のココアか豆乳にハチミツいれたもの、です。

 

 

だいたい私の職場は出勤してから4時間後くらいに昼食休憩があるのですが、

2時間くらい経つと体も起きてくるのか、お腹が減り始めます。

ただ、3時間くらい経つと不思議とあまり空腹を感じなくなってきます。

そして昼食の時間には、またお腹が空いてくる状態に。

 

 

理想を言うと、自分がお腹が減ったタイミングでお昼が食べられたら

一番都合が良いのになあとは思っています。

ただ、勤務がシフト制なのでそう言うわけにもいかず。

 

周りの話を聞いてると、一般企業?でもお昼が好きな時間に行ける会社というのは

少ないように感じています。なんだかなあ。

1時間くらい好きな時に出たっていいじゃんね、と思ってしまいます。

 

話がずれてしまいましたが。

 

 

自分の食事の適正料を知るのは健康面でも、精神衛生上でも

とても大切なことなのだなと感じている日々でした。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっ久しぶり〜〜〜〜キャおきゃお

 

なんてお久しぶりなんだ〜〜〜〜!!!ブログ!

ブログだ〜〜私もブログというものを持っていたのね

 

 

実はこれ二つ目のおブログでして、もう一個ブログ持っていたのに

そっちを忘れてこっちを作ってしまっていた

まあいいかあ〜こっちに書こうそうしよう

 

ブログに何書いてたのか忘れているけど

最近好きなことだったり読んだ本だったりいろんなこと書いてこう

 

最近好きなことって書いたけどそんなないな

 

あ、youtubeでたまにメイク動画とか見るの好き

お泊まり会?とかで友達がメイクしてるとこ見るのもともと好きだったんだけど

その欲望が満たされるよねあーいう動画

可愛い・綺麗な人がメイクしているとこ見れるのいいよね〜〜

私自身に関しては化粧はそんなにしないのでそれを参考にする、ってことは

ほぼほぼ無いのだけどなんか可愛い猫さんを愛でるような感覚

 

メイクポーチの中身とか、バックの中身とか、見るのも好き

 

 

 

あとは最近、将来がすごく不安になってきていて

将来のほん?を読むことが多い

 

私たちってもう100年は生きれるようになるんだよね

100年てすげえね

何をしよう〜とぐるぐる考えたり悩んだりしている

何をしたら100年生きてもちゃんと生きれるのかとか

もっと具体的に?飛躍的に?言うと

 

今の会社辞めて大学もっかい行きターーーーイ という

 

 

私大文系だったのですが、世の私大文系学生のご多分に漏れず

私も私大文系の甘い蜜を吸いに吸って大学では全然勉強しませんでした。

一浪までさせてもらって入った大学だったのに。

一応世間的に偏差値は高いと言われている大学だったので

周りの人も勉強熱心な人はたくさんいたのになあ

 

そのことに関してものすごく後悔をしている

 

ので、大学にもっかい行きたい

お勉強している人たちがたくさんいる環境でお勉強したい

 

4年がっつりいくと卒業する頃には30超えてるか超えてないかなので

3年次編入制度を使って2年間行きたいなと考えております。

 

何を学びたいかというと

日本文学

 

日本文学を学びたいよ〜〜〜

前から源氏物語に始まり色々な古典文学が好きだったのですが

夏目漱石谷崎潤一郎なども好きになってきており

より深く学びたいと思うこの日々・・・

日本や和の心?(めちゃ雑)そういったものにも興味がむくむくと

湧いてきており、書道や茶道、着付けなんかもできるようになりたい、と

考えていて、どうやったらそれを叶えられるのかを模索中の毎日です

 

今のところそれを周りの人々に普及活動したいとは思っていなくて

ただ純粋に自分が知りたいと思っているだけで将来性が見えない

知ってから、やってから、考えようかな

兎にも角にも

 

シンプルな日本の心?なんだかよくわからんが

ミニマリストに惹かれたり、シンプルなものに惹かれたりするのも

そういうところにつながっているのかな

もう何を書いているのかよくわからん支離滅裂るるる

 

 

あ、あとは私が一人暮らししている家テレビがなくて

特に不自由もしてなかったのですが

小さいテレビを買うかどうか迷っている

 

その話?は次の記事で書こう

 

 

 

ホテルのような空間を

 

この2日間、会社の研修でビジネスホテルに泊まっていたのですが、そこで思ったことを一つ。

 

ホテルってとても暮らしやすい!!

 

必要最低限のものしかなくて、整理整頓されていて、部屋は隅々まで清潔で・・

この空間を持ち帰りたいと思いました。

 

空間をコピーして、部屋に持ち帰ってペーストしたいと思いました。

 

私が目指す部屋は「生活感のない部屋」なのですがまさにそれを体現(体現?表現?具現?)しているのがホテルだなあと思いました。

 

 

そして、そんなホテルのようにものが少ない部屋で過ごすことのメリットをちょっと書いていきたいと思います。

 

①頭がスッキリする

まず感じたのはこれでした

まあ掃除洗濯炊事しなくても良いしやることが少ないからっていうのもあるとは思いますが、しかしモノが少ないことによって目移りしないので、頭がスッキリする効果もあったのではないかと。

 

 

って書いたけど特に思いつきませんでした。

 

①で述べた効果が大きかったからたくさんあるように感じてしまったのかな。

 

いいなあホテル暮らし。

 

ホテルみたいな部屋を自分の部屋にも作り出したいなと思った2日間でした。

 

 

 

 

 

あ、研修はめちゃくちゃにつまらなかったです。